Mac 用 Microsoft Office Excel 買い切りか、Microsoft Office 365 サブスクリプションのどちらを選ぶか?

先日、お客様より「やはりエクセルが必要になりました。Mac用のExcelってありますか?」とご相談を頂きました。

もちろんあります。が、しかし、色々なバージョンがありますので選定にはお客様のお使いの環境に左右されますので、じっくりと打合せさせていただきまして「Mac用 Excel」単独ソフトをご購入することになりました!

今回のサポート事例をもとに、いくつかある種類も合わせてご紹介させていただきますので、選ぶのに大変だ〜、どれが良いのかわからない〜という方に、参考にしていただけると幸いです!

スポンサーリンク

大きく2種類あります

Microsoft Officeには、現在大きく分けて2種類のソフトがあります。

Microsoft Office Excel
  • Microsoft Office 365
  • Microsoft Office 買い切りタイプ

この2種類があります。

Microsoft Excel (Windows PC または Mac) を購入 | Excel 単体または Microsoft 365 価格
Microsoft Excel を使えばプレミアム テンプレートとスマート アシストを使用してデータの共同作業、分析、視覚化を行えます。 Microsoft Store で価格とソフトウェア ダウンロード オプションを見つけることができます。 Windows PC または Mac 用。

違いは料金

買い切りタイプと、サブスクリプションタイプの2種類があります。それぞれ簡単に説明していきますね。

買い切りタイプ

買い切りタイプの方は、オンライン版パッケージ版(カード)があります。
こちらは、一度購入するとMicrosoftのサポート期間中はず〜と利用できます。

ちなみに、今回の「Excel」の場合ですが、Excel単体と、Excel、Word、Outlook、PowerPointなどがパッケージ化されたものとバージョンは3〜4種類あります。

サブスクリプションタイプ

Microsoft Office 365

こちらは近年利用者が増えてきている、Microsoft Office 365 です。

何より一番のメリットは、常に最新バージョンのアプリケーションを、クラウド、インターネットを通して、いつでも、どこからでも、利用することが出来る、今流行りのワーケーションにも最適なタイプです。

Microsoft Office 365

デメリットはやはり「料金体系」にありますね。
年間1万円強を、利用中は支払い続けなくてはいけません。経費的に余裕があればそれも可能でしょう。

お仕事・業務で必須であれば、利用すること自体が必須となりますが…
ご利用の環境に合わせて、選定されることをオススメいたします。

すべての Microsoft 365 プランを比較 | Office 365 は Microsoft 365 になりました
個人、家族、学生向けの Microsoft 365 (旧 Office 365) プランを比較します。 パワフルな生産性向上アプリやクラウド ストレージなどを活用して、毎日の生活をよりクリエイティブに、便利に、安全に。

まとめ

今回のサポートでは、お客様選定により「Excel」買い切りタイプを設定されました。

その他のアプリケーションはひとまず利用する予定がないということで、単独アプリを選定されました。
ご購入は今後の予定だということですが、インストールに関しても継続してサポートさせていただくことになっております。

買い切りタイプのメリットは、経費が一度きりであること、デメリットは利用期限がいつかは来てしまうこと。

サブスクリプションタイプのメリットは、最新バージョンをいつでもどこからでも利用することができること、デメリットは料金体系です。


MacでMicrosoft Office ソフト・アプリケーションをご利用する際の選定参考にして頂けると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました