国税庁、税務局を装った「標的型メール」にご注意を。

国税庁からの連絡を装った標的型メールについて
スポンサーリンク

不審なメールが届いたら

誤ってひらいてしまった、または故意にひらいてしまった場合、決して「URL」や「個人情報」入力をしないようにしてください。

万が一そのような操作をしてしまった場合で、例えばカード情報などを入力してしまったときには、カード会社へご連絡し、ご家族などへご相談してください。

国税庁を装う標的型メール

僕の周りでも「こんなメールが届いています。気をつけて下さい」という注意喚起情報が流れています。調べると国税庁、e-Tax、それぞれの公式HPにて注意喚起情報として掲載されていました。

国税庁からの連絡を装った標的型メールについて
国税局・税務署をかたった不審なメールにご注意ください|国税庁
国税庁からの連絡を装った標的型メールについて
国税庁からの連絡を装った標的型メールについて|e-Tax
国税庁からの連絡を装った標的型メールについて

国税庁等からのメール内容一覧

もしも正式に「国税庁、国税局」や「税務署」などからメールが届く場合、メールの内容について一覧がまとめられていますので、こちらを参考にご確認いただいて、不審なメールは開かずに削除してください。

国税庁からの連絡を装った標的型メールについて
「税務署からのお知らせ」等のメールが届いた方へ | 【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
国税電子申告・納税システム(e-Tax)の概要や手続の流れ、法令等に規定する事項など、e-Taxを利用して申告、納税及び申請・届出等を行うために必要な情報やe-Taxについてのお知らせを掲載しています。

まとめ

年々と複雑化している「◯◯を装うメール」。一瞬本物?と見間違うような内容の出来栄えに本当に困ってしまう状況です。それらに負けないよう自分を守るためには「見に覚えのない(件名)」が書かれたメールは開かず削除しましょう。

「詐欺メール」や「◯◯を装うメール」を削除しても、何も起きませんのでご心配なさらずに!

とにかく「個人情報」等を入力することを避けましょう。不安を煽り何らかの情報を抜き取ることが目的ですので!

僕も注意しながらまた新しい情報が入りましたら、このブログでお知らせしたいと思います。必要な方に届きますように。

タイトルとURLをコピーしました