独学にもセンス(知識)が必要?!

独学でデザイナーになれる
知識をもつためには?

そもそもデザイン、デザイナーって何?というところから話は始まると思います。
世の中で人間が行きていく上で、真っ先にカラダの中に入り込む「入り口」は何か?

「視覚」

色、形、容姿全てにおいて「視覚」で決まります。
人の第一印象も「視覚」でほぼ9割で決まります。

それほどに重要な「視覚」..デザインとはとても重要であること、僕自身日々痛感しております。

スポンサーリンク

独学でデザイナーになる! By fuyuna さん

こんな時だからこそ読める本もある。
やっと購入できた本をご紹介させていただこうと思います。

先日購入させていただきました。
Twitterでフォローさせていただいて、本を販売されていることを知り購入しました。

デザインを…デザイナーになる…

僕個人のイメージは「並大抵のこと」では..というイメージ。
なんにおいても簡単に稼げるとか、その職業を名乗れるなんてことはないと思いますので、そういうイメージからの入り込みでした。

fuyuna / 魅せるデザイナー さんです。

視点に驚きのヒントでした!

その視点に驚きました。
僕だけかもしれませんが…

どんなことを勉強、独学で進めるために必要な、計画、実行、見極め、PDCAまでとは行かなくても、目的、目標をもって勉学に励む必要がある。

孤独な戦いなので、どれだげ自分自身を落とし込み、目標に向かって継続することができるか!
経験したものにしかわからない経験の連続です。

元 理学療法士」という畑違いの職業からデザイナーへ転身されたfuyuna さん。

畑違いの職業という、僕自身も農業土木技術者からの転身なので、通づるところもありまして、本を購入させていただいたキッカケの1つでもあります。

リハビリなどの計画を職種柄必要とする観点から、独学を進めるに当たり何が必要で必要ではないのか?また、独学のメリット、デメリットをとてもわかり易くまとめてくださっています。

この視点には、読ませていただいて一番刺さりました。

独学にもセンス(知識)が?

よく言われる言葉に

「センスあっていいよね〜」

2つの意味があると思っています。

  • 本当の意味で持って生まれて頭脳・技能
  • 自分自身の力で培ってきた頭脳・技能・知識

知識は生まれ持ってはこれませんので、後者の場合のみ身につけることができる。

  • センスがいい人
  • センスを持っている人

僕が思う前者の人たちは、1つのコンテンツに対する基礎知識を持ち、基礎知識を絶対のベースとして、幅広い視点で物事を見ることができ、無いものを生み出せるし、どんな事例・事象にも対応できる。

僕個人が思うセンスのある人です。

要するに…

センスのある人 = 知識が豊富な人

です。

僕が言い切ることでもないのですが、僕個人的にそう思っています。

決して、センスとは「流行り(はやり)」や「経験値(けいけんち)」から生まれるものではないということ。

知識を持ち、その時、その時代の「流行り(はやり)」や「経験値(けいけんち)」を、取り入れた上でデザインを進めることができる人。

センスは知識からはじまる…

グッドデザインカンパニー 水野 学 氏 著書

「センスは知識からはじまる」

こちらも読まれていることに共感を持ちました。
このお仕事をさせていただいたことから、センスって…センスって..という想いに駆られて、デザインに関して色々な本を読み漁ってきましたし、今も読んでいます。

その中で、こちらの水野 学さんの本を読ませていただいて、まさにこれだ!!
センスは知識から〜に、僕自身スッキリした記憶を今でも覚えています。

凝縮されたデザイン学習Book

これからデザイナーになるために…

今すでにデザイナーの方にも…

fuyuna さんのこの「独学のデザインと、デザインの独学」本はとても勉強になる内容がギュッと凝縮されています。

何より、デザインに関する著書一覧がとってもありがたいかったです!

僕自身読んだ本もあれば、まだ読んでいない本もありましたので、これから少しずつ読んでいきたいと思います。

独学でデザイナーになる」 By fuyuna さん。

とってもおすすめです。

fuyuna blog|独学デザイナーの成長過程を記録するブログ|独学デザイナーがデザインの勉強方法、本、ブログなどについて発信する場所
独学でデザイナーになるための勉強法やスキルアップ過程を中心に発信中。オススメの本やブログ運営についても紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました