「もしドラ」今さら読む必要はない?

恩師から、「マネージメント」について勉強したことありますか?と突然聞かれ、すぐに答えることが出来なかったことを思い出します。その時教えていただいた本が、「マネジメント」と「もしドラ」です。

正式題名は「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」です。(以下もしドラ)
こちらをまずは読んでみるといいと言うことで読むことにしました。

読んだのはつい最近の話ですが、なかなか流行りにノレないので今読むことになりました。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」をよんだら! 感想
スポンサーリンク

あらすじ

僕個人が読んで要約した「あらすじ」です。少々解釈が異なるかもしれませんので、ご了承くださいませ。

高校生が野球部のマネージャーを務めることになり、目標として「甲子園へ連れて行く」と決めたのですが、そこからが壁という壁が立ちふさがり、甲子園への道は厳しく険しい道程で「無理かも」という諦めもあった。しかし、その諦めを力に変え必ずや!と心に近い、日々奮闘する姿を描いています。
マネージャーとして「マネージャー」とは「マネジメント」が重要であると考え、本屋さんで「【エッセンシャル版】マネジメント〜基本と原則〜」を購入して、「書籍:マネジメント」を熟読しているなかまと話をしながら、「マネジメントとは」を勉強していく..という流れの本です。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら - Wikipedia

感動できる書籍です。

えっ?と思うかもしれませんが、僕はこの「もしドラ」を最後まで読み切った時、僕は泣きました!

この「もしドラ」を読む前は完全に「マネジメント」の要約版として野球部のマネージャが..という勝手な思い込みで読み始めましたので、マネジメントの本というよりも、マネジメントを通していちばん大事なものはなにか?という、高校生ドラマであり、友人との大切な時間の流れを、組織や段階、野球部のマネージャーとしての時間の流れを克明に表現した書籍だということでした。

あくまで個人的意見

もちろんこの「もしドラ」は、マネジメントについてしっかりと書かれています。野球部をマネジメントする。一件突拍子もないことを始めたマネージャーだと思いますが、実は理にかなってことであり、全てにおいて「マネジメント」は必須であるということを伝えてくれています。

「野球部のお客様は?」一体?これは、書籍をお読み頂いてご自身の目で確認していただきたいと思いますが、個人事業主として「お客様は一体」ということへも落とし込むことができる内容です。

エッセンシャル版を読んだほうが良い?

現在エッセンシャル版を読んでいますが、「もしドラ」から読んで良かったと思います。理由は「難しい」からです。「もしドラ」でマネジメントとは?に関して、比較的に易しめの視点でまとめられていたのでとてもわかり易く読めましたが、「エッセンシャル版」は、かなりじっくりと読み込見込むことで、「マネジメントとは?」が徐々に見えてきます。

個人事業主としてお客様に対して、どのように自分のマネジメントを進められるのか?読みきった後どのように実践で落とし込めるのか?今から楽しみでもあります。

マネジメントの勉強なら読むべきイチオシ書籍

僕はこの2冊、

  • 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
  • 「【エッセンシャル版】マネジメント〜基本と原則〜」

をオススメいたします。
マネジメントとはの根本が理解できる書籍の1つだと思います。

書籍を読むのに流行りも必要ですが、自ら必要と思える時に読むことが、一番自分の身になるのだとこの2冊を読み進めて、改めて実感できました。

タイトルとURLをコピーしました