さくらインターネット「無料SSL(Let’s Encrypt)設定手順」について

さくらインターネット「無料SSL(Let’s Encrypt)設定手順」について

お客様サイトにて「無料SSL」へ移行案件にて、さくらインターネットサーバ様を、ご利用で当初「共有SSL」を利用予定でした。共有SSLの提供はすでに終了しているため、「無料SSL(Let’s Encrypt)設定手順」にて、SSL設定を行いました。
備忘録として手順をまとめてみましたので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コントロールパネルへログイン

新しくなったさくらのコントロールパネルへログインし、「ドメイン/SSL」を選択します。
該当するドメインを選び「SSL」ボタンをクリックします。

SSL証明書登録の画面が表示後「登録設定をはじめる」のグリーンのボタンをクリックします。

さくらインターネット「無料SSL(Let’s Encrypt)設定手順」について

Let’s Encrypt(無料SSL)

SSL証明書の利用種類を選択します。

「Let’s Encrypt(無料SSL)」を選択・利用するボタンをクリックします。

利用ポリシーに同意するにチェックを入れて「無料SSLを設定する」のグリーンのボタンをクリックします。

さくらインターネット「無料SSL(Let’s Encrypt)設定手順」について
さくらインターネット「無料SSL(Let’s Encrypt)設定手順」について

HTTPS設定(プラグイン)

さくらインターネットサーバでは、wordpressを利用している場合「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」を利用すると、サイト内のHTTPS設定がスムーズに進みます。

さくらインターネット「無料SSL(Let’s Encrypt)設定手順」について

現在こちらのプラグインはサポート終了しているようですが、プラグイン自体は利用可能です。

さくらインターネット公式サイトヘルプページにて詳細をご確認くださいませ。

なお、js、jQueryなどの読み込みに関しては、お使いのテーマなど、phpファイル内まで、設定が完了できない場合があります。

その場合は、「外観>テーマ>テーマエディタ」にて、各xxx.phpファイル内の該当するコードを確認・修正してください。

検索で「http:」と検索するとすぐにわかります。

何か不具合があれば、「https」へ変換を全て完了させると問題は解消されますので!!

WordPressのSSL化プラグインの使い方 – さくらのサポート情報
さくらのレンタルサーバ、さくらのマネージドサーバ上で稼働するWordPress(ワードプレス)にて、 常時SSLを有効にするプラグインを利用する方法について記載しています。 現在こちらのプラグインのサポートは終了しており...

HTTPS設定(サイトヘルス)

wordpress最新バージョンであれば(現在5.7.x)「サイトヘルス」を利用するとHTTS設定がスムーズにできます。

httpsへ移行が完了していることを確認して、wordpress内の「サイトヘルス」へアクセスします。

画像のボタンが表示されない場合は、まだHTTPS設定がサーバー側で完了していない状況です。

数10分〜長くて24時間待ってから試してください!

表示されている場合は、ボタンをクリックして設定をすすめてください!

ボタンクリック後は一度「強制ログアウト」されますので、再ログインしてください。

さくらインターネット「無料SSL(Let’s Encrypt)設定手順」について

まとめ

一昔前、3.x.xだとSSLへの移行はこんな簡単にはできなかったです。今は技術も進歩し、とてもスムーズにSSL化へすすめることができます。

サイトヘルスは、サイト状況チェックに適していて便利ですが、HTTPS設定も出来るのでとても便利です。

今回使ってみて、楽にできたので、同じようにSSL化を予定されている方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました