Google スプレッドシート 「他のシートのセルデータを参照方法」

Googleスプレッドシート 他のシートのデータを参照する

お客様サポートにて「Google スプレッドシート」の異なるシートで、セルの内容を参照する方法をご質問いただきました。

結論は、「IMPORTRANGE 関数」を使う方法です。

参照元シートから参照先シートへ、セルに「IMPORTRANGE 関数」を設定し、参照セルも設定すると、異なるシートのセル間で、データを参照することができます。

手順といいますか、設置する内容を簡単にまとめてみましたので、参考にして頂けると幸いです。

スポンサーリンク

2つのシートのセル間でデータ参照

Googleスプレッドシート 他のシートのデータを参照する
他のシートのデータを参照する - パソコン - ドキュメント エディタ ヘルプ
職場や学校で Google ドキュメントをさらにご活用いただくには、ぜひ

Googleのサポートページにも記載があります。

IMPORTRANGE 関数」を使って、データ参照できます。
エクセルや、Google スプレッドシートの操作になれている方、関数になれている方であれば問題なく設定出来るでしょう。

設定の方法1:IDをコピーする

Googleスプレッドシート 他のシートのデータを参照する

Googleのスプレッドシートには、それぞれ「ID」が振られています。
この「ID」が重要です。

まずは、参照元シートの「ID」をURLからクリップボードやメモ帳などにコピーしておきましょう。

設置の方法2:参照先シートに関数を設定する

Googleスプレッドシート 他のシートのデータを参照する

画像はすでに「IMPORTRANGE 関数」を設置して、セル参照した状態です。

画像の下セルに、設置関数の内容を記載してみました。

IDを貼り付け(ペーストする)、参照セルの範囲も設定する。

この設定で、異なるシート間のセル参照が可能になります!

まとめ

実際にどんな場合に、今回の「IMPORTRANGE 関数」が利用できるのか?ですが、僕の場合は、例えば、見積もり、ご請求書などで利用しますね。

  • お客様、会社名やお名前
  • 内容
  • 料金

これらを、お見積りシートとご請求書シートで例えば連携させておくことで、新たにデータを入力する必要がなく、お仕事をすすめることができます。

その他でも色々な利用環境があるとおもいます。
サポートさせて頂いたお客様も、事務書類作成でのご利用に現在使用・設定されているとのことでした!

関数を使ってお仕事の手間を少しでも楽にする為に、是非活用してみてください。
参考にして頂けると幸いです。

他のシートのデータを参照する - パソコン - ドキュメント エディタ ヘルプ
職場や学校で Google ドキュメントをさらにご活用いただくには、ぜひ
タイトルとURLをコピーしました