Googleインデックスページ(特定のURL)を削除する方法 | 2020年版

新Google Search Console
特定のインデックスされたURLを
削除する。

スポンサーリンク

必要なくなったインデックスページ

Webページは、UPロードすればするだけ、Google先生がサイトを確認し、インデックスすべき情報が書かれたページかを判断され、インデックスの有無がきまります。

特に今は、コンテンツ内容重視であり、変わらず被リンクが重要となります。

新しくなったGoogle Search Consoleで、はじめてですがインデックスされている特定のWebページURLを削除してみました。

自分のサイトのページですが、情報が古くなり更新(リライト)情報もなく、ほぼ必要なくなたWebページと判断したからです。
実際にやってみた手順を自分の備忘録としてまとめておこうと思います。

削除方法

まずは、Google Search Consoleへログインします。
PC画面左側項目の「削除」をクリックし、一時的な削除を選択しまし。

選択後、新しいリクエストボタンをクリックします。

Googleインデックスページ(特定のURL)を削除する方法

削除するURLを入力

削除したいWebページのURLを入力します。
削除する方法として僕は「このURLのみを削除」を選択しました。

特定のWebページURLを削除する方法としてこちらを選択しました。

Googleインデックスページ(特定のURL)を削除する方法

次へを選択後、確認としてURLが表示されますので入力間違いがなければ「リクエストを送信」クリックします。

Googleインデックスページ(特定のURL)を削除する方法

リクエスト送信された内容を確認してみると、以下の画像のように表示されていました。

その後確認してみると…

Search Consoleへログインして、確認してみると「削除の期限が切れました」とひょうじされていました。

ちなみに、削除したいWebページは、リクエスト送信後すぐにデータを削除しました。
期限が切れました!と表示されていましたので、一応「URL検査」にて、リクエスト送信したURLを検査してみました。

その結果がこちらです。
リクエスト通りに、インデックスから外れておりました!

Googleインデックスページ(特定のURL)を削除する方法

サイト全体のURLインデックスを削除することは、そんなに多くないと思いますが、特定のURLインデックス削除であれば、毎日ということはありませんが、削除する率は高いと思います。

必要なくなったコンテンツ

コンテンツ自体が古くなった

情報そのものが古くリライト情報もない

など、ユーザーにとって有益とはならない、情報として古くなったものは、削除することでサイト全体のコンテンツ情報整理にもなります。

リライト出来る情報であれば、リライトを行うことでコンテンツが常に最新に保たれますのでユーザーに有益な情報になると考えられます。

実際にインデックス削除操作を行ってみましたが、サイト全体のインデックスを誤って削除してしまわないように注意して操作すれば、難しい作業ではないので必要なくなったと思ったらできるだけ早めに、Webページのインデックス削除操作を行ってみてください!

同じ操作をする時に少しでも参考になれば幸いです。


タイトルとURLをコピーしました